登録販売者の価値

登録販売者がここまで注目されるようになったのは、単に医薬品の販売に役立つというだけではありません。背景にある市場を見つめ直すことが必要になってくるでしょう。実際に登録販売者の求人の多くは、ドラッグストアであるといっても過言ではありません。医薬品も販売しますが、日常品も販売しているドラッグストアでは、2本の柱であるといってもいいでしょう。

登録販売者の必要性の高さは、ドラッグストアからきているといえる部分です。それでも、業界が成長していることを考えてみなければいけないでしょう。今後も拡大していくことが予想されているのは、セルフメディケーションといった考え方もあります。医療機関にかかるぐらいであれば、一般医薬品で対応できることは自分でするといったところになりますが、説明を受けなければわからないことがたくさんあるはずです。そんな時に、一般医薬品の専門店であるドラッグストアは、とても大切な存在になります。さらに説明する立場になるのが登録販売者なのですから、重要な立場になってくるでしょう。

販売店舗が増えていけば、当然登録販売者の数が必要です。薬剤師の数が増えても、ドラッグストアで勤務する人はそこまで増えないと考えられる以上、登録販売者の必要性は高いまま推移することでしょう。